NPO法人おおさかシニアネット 研修受け入れ

5月23日(月)、NPO法人おおさかシニアネットの皆さん14名が研修に来られました。

まず、スタッフの林から、西淀川公害とあおぞら財団の活動を紹介しました。おおさかシニアネット受け入れ

そしてエコミューズを見学。
おおさかシニアネット

「貴重な資料が残っているんですね」「この写真のように煙っている大阪を覚えています」などの声が上がっていました。

休憩をはさんで、後半はグループワークです。
まず参加者おひとりずつに、・氏名 ・出身地、暮らしている場所 ・地元の良いところ ・地元の課題を発表してもらいました。
大阪府や兵庫県内各地から来られている皆さんですが、共通の課題として、
「交通が不便」
「近所付き合いが少ない」
「高齢者が多い」
「にぎわいが足りない」
といった問題が挙げられました。

そこで、4つのテーマ―交通/コミュニティ/にぎわいづくり/高齢者―に分かれて、解決策を話し合ってもらいました。

話し合いのようす。皆さん活発に意見を出しています。

おおさかシニアネット

最後に、グループごとにさまざまなアイデアを発表しました。

交通:コミュニティバスや乗り合いタクシーの充実
おおさかシニアネット

コミュニティ:「グラウンドワーク」(住民・企業・行政の協働)の導入
おおさかシニアネット

にぎわいづくり:大学や企業との連携、地元グルメの発掘
おおさかシニアネット

高齢者:見回り隊の体制づくり、町内会の活性化、おおさかシニアネットが頑張る!
おおさかシニアネット

皆さん、お疲れさまでした!

あおぞら財団、エコミューズでは、さまざまな視察・研修を受け入れています(詳しい内容はこちら)。
皆さん、ぜひお越し下さい。

(エコミューズ資料整理スタッフ 森本)

カテゴリー: 視察受入   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です